AGAの原因

AGAの原因

AGAは遺伝!?

AGAは遺伝!?

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンと言われています。

男性ホルモンすべてが原因というわけではありません。AGAの脱毛部分にはジヒドロテストステロンDHT)と呼ばれる活性型の男性ホルモンが高濃度に見られることから、AGAに影響を与えているのは主にこのジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンと言われています。

つまり、ジヒドロテストステロン(DHT)がヘアサイクルを乱し、抜け毛・薄毛を進行させるAGAの原因と考えられているのです。

男性ホルモン「テストステロン」

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、おもに睾丸の精巣で作られている男らしさを象徴するホルモンです。

性欲増強、性器の形成、筋肉質な身体の形成、声変わり、ヒゲや陰毛の生成のほか、男らしい思考など、男らしくあるために必要なホルモンと言えます。毛髪を太くする作用もあり、直接の薄毛の原因ではありません。

20代をピークに加齢と共に減少していきます。減少することで性欲減退や筋肉減少、それに伴って脂肪がつきやすくメタボ体質になるほか、やる気・集中力の低下など精神的にも肉体的にも大きな影響が出ます。

テストステロンの詳細はこちら

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンから、5αリダクターゼという還元酵素によって作られます。DHTはテストステロンと同じように男らしい身体や思考を形成するために影響を与えますが、そのパワーはテストステロンの何倍もあると言われています。

ただし、髪の毛に作用した場合のみ厄介な反応がおきます。

発毛の司令塔である毛乳頭を萎縮させてしまい、毛母細胞の働きを抑制してしまうのです。

5αリダクターゼ還元酵素とは?

5αリダクターゼは毛乳頭や皮脂腺に存在し、男性ホルモンテストステロンに作用することで活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。テストステロンの減少に伴い、それを補おうとするかのように5αリダクターゼが多く生成され、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成しようとします。

1型と2型の2種類が存在すると言われています。

1型5αリダクターゼ還元酵素

皮脂腺に多く存在し、脂性でにきびができやすい人に多いと言われています。

2型5αリダクターゼ還元酵素

毛乳頭に多く存在し、体毛やヒゲが濃い人に多いと言われています。

2型5αリダクターゼ還元酵素の方が注意!?

以下の理由から、1型5αリダクターゼよりも、2型5αリダクターゼの方がAGAに大きな影響を及ぼしていると考えられているようです。

  • 2型5αリダクターゼが欠如している男性にはAGAが見られない
  • 1型5αリダクターゼは前頭部と後頭部の毛乳頭で見られるが、2型5αリダクターゼは前頭部のみに見られる

AGAの原因は遺伝?

テストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)は男性なら誰でも持っている男性ホルモンなのに、AGAになる人とならない人がいるのはなぜか?ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因というのであれば、すべての男性がAGAの原因を持っているということになります。AGAになるかどうかの分かれ目は、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けやすい毛母細胞の受容体を持っているかどうか。

つまり、受容体の感度が高ければDHTの影響を受けやすくAGAになり、逆に感度が低ければDHTの影響を受けにくくAGAが進行しにくいというわけです。

この違いの一つの理由は遺伝と言われていますが、親子でも遺伝情報は互いに異なる遺伝情報を持っているので、親父が薄毛だから自分もそうなるとは言えません。

そのほか、さまざまな要因が重なってAGAになりやすいかどうかが決まるのです。

  • 公開日:2015年9月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です