AGAかどうか知りたい人は遺伝子検査でチェック

AGAかどうか知りたい人は遺伝子検査でチェック

AGA遺伝子検査

AGA遺伝子検査

 

薄毛に悩み始めると次に気になるのはAGA男性型脱毛症)かどうか

薄毛には一過性の薄毛と進行性の薄毛があります。円形脱毛症など一過性の薄毛は治療なしで改善する場合もありますが、AGA(男性型脱毛症)のように進行するタイプの薄毛は治療しなければ薄毛の進行が止まることはありません

現在多くの男性が悩む薄毛、ハゲといった症状はAGAによるものと言われています。では、一過性の薄毛と進行タイプのAGAにはどんな違いがあるのでしょうか?

薄毛の状況からAGAかどうかをチェックする方法

  • AGAは「頭頂部」から薄くなるか、「前頭部(生え際)」から薄くなるか、もしくはその両方から薄くなっている
  • 親族に薄毛がいる
  • 短くて細い毛(ミニチュアな毛髪)が増えた
  • 抜け毛が短くて細い成長していない毛髪

以上のような症状が一つでも見られる場合はAGAの可能性があります。AGAは髪が成長しなくなる病気なので、成長しきらずに抜けてしまうようなミニチュアな毛髪の抜け毛が増えたら要注意。

AGA遺伝子検査はした方がいいの?

AGA遺伝子検査キット

自宅で簡単!AGA遺伝子検査キット

薄毛の症状の出方は人によって異なります。AGAには頭頂部か前頭部、もしくはその両方から薄くなるという脱毛の特徴がありますが、人によっては同時に脂漏性脱毛症・粃糠性脱毛症などを併発している場合があり、頭部全体が満遍なく薄毛化する場合もあります。

AGAかどうかの自己判断が難しい場合は遺伝子レベルでAGA要因を持っているかどうかのAGA遺伝子検査を受けることも可能です。

AGA遺伝子検査はAGA専門病院の多くで行っており、料金は大体2万円前後。自宅でできるAGA遺伝子検査キットも発売されており、人知れず検査できてしかも値段も1万円前後ということでこちらも人気。しかも遺伝的判定なので一生に一度受ければOK。

自分がAGAの遺伝要因も持っているかどうかを知るために受けてみてもいいですが、このAGA遺伝子検査でAGA遺伝要因を持っていたとしても必ずしもAGAになるわけではないと言われています。逆にAGA遺伝要因がないという判定結果の場合でもAGAになる可能性があります。

この検査はAGAの原因と言われる男性ホルモン(DHT)の影響を受けやすい体質かどうかの検査です。実際にAGAになるかどうかはDHTの生成量やその他の要因で変わってきます。遺伝3割、環境7割という話もあります。

自宅で簡単AGA遺伝子検査キットの詳細はこちら

ヘアメディカルが開発した新しいAGAリスク遺伝子検査

ヘアメディカル

ヘアメディカル

スカルプD開発クリニックでお馴染みヘアメディカルが開発した新しいAGAリスク遺伝子検査は、男性ホルモン(DHT)の影響を受けやすいかの感度だけでなく、DHTを生成する5αリダクターゼ還元酵素の発現量までリアルタイムで計測する新しい遺伝子検査。

これによって、DHTとその影響を受ける受容体との比率を算出し、より高い精度でAGAリスクや原因を知ることができる検査となっています。

価格は19,000円(税別)と従来のAGA遺伝子検査とほぼ同じ。

より確実にAGAリスクや自分に合う治療方法を知りたい人にはこちらがオススメです。治療せずに検査だけも可能なので詳しくは病院に問い合わせてみましょう。

AGAリスク遺伝子検査はヘアメディカル系列クリニックで

AGA遺伝子検査を行うメリット

基本的にAGA遺伝子検査を行う人、考える人は薄毛に悩み始めたばかりの初期段階の人です。他の人が見ても薄毛とは感じないレベル。もしかしたら気のせいかもしれないというレベルの人で、ちょっと抜け毛が増えたなど、はじめて薄毛を意識し始めた不安な頃に検査を考える人が圧倒的です。既に誰が見ても感じるくらいに薄毛が進行している人は検査をするまでもなく早く治療を開始してください。

薄毛初期段階にAGA遺伝子検査をした方がいいのか?科学的に検査して状態を知りたいという人もいるでしょうし、それは人それぞれの判断によります。

自分が納得できる治療を行うために必要と考えるならばやるべきです。AGA遺伝子検査を行った場合のメリットをご紹介します。

  • 自分がAGAかどうか、AGAになりやすいかどうかのAGAリスクレベルを知ることができる
  • リスクレベルを知ることで余計な不安がなくなる
  • 自分がどのAGA治療薬が効果的かを知ることができる
  • 治療方法が定まることで安心できる

高リスクという判定が出たら逆に不安になる気がしますけど、治療方針や効果的な治療方法を知ることで逆に腹をくくって落ち着くってこともありますしね。

検査をしてもしなくてもAGAリスクが高いという事実は変わりません。AGAだった場合は必ず薄毛は進行していきますから、どちらにしろ治療をしなければAGAの進行を防ぐ手立てはありません。そういう意味では早い段階で先にリスクを知って対策を立てるというのはアリかもしれませんね。

  • 公開日:2015年10月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です