失敗しない!AGA病院の選び方

失敗しない!AGA病院の選び方

AGA病院の選び方

失敗しない道を選ぶ!

 

AGA(男性型脱毛症)を改善するには、病院でのAGA治療以外に方法はありません。

AGA治療は長期間継続して行う必要があるので、最初の病院選びは非常に重要。失敗しないAGA病院の選び方をご紹介します。

AGA病院を決めるまでの流れ

情報収集

AGA治療経験者に聞く方法

周囲にAGA治療を行っている人がいればその人に聞くのが一番ですけど、知り合いにAGA治療をしている人がいるケースは稀ですよね。仮にいても周囲に公言していない場合がほとんどだと思うので、実際に治療をしている人に話を聞ける人はあまりいないと思います。

ネット上で情報収集

ネット上では実際に治療している人が治療体験ブログを書いていたり、口コミや評判を集めたランキングサイトなどが多数あるのでそれらサイトをチェックして情報を収集します。ただ、こういったサイトの場合はクリニック側の広告的なサイトも多かったりするので真実を見極めるという作業が必要になってきます。サイトやブログに直接問い合わせて実際どうなの?と聞いてみるのもいいかもしれませんね。治療体験を掲載しているサイトの運営者は同じように薄毛で悩んで治療をしている人だったりする場合が多いので薄毛に悩む人の気持ちを理解して親身に相談に乗ってくれるかもしれません。


公式サイトをチェック

目ぼしいクリニックが見つかったら公式サイトにて以下の情報をチェック。

通いやすいかどうか?

AGA治療は継続して治療することが大事なので、通いやすさは重要。月1回の通院が可能かどうか。

治療内容

治療内容は大きく分けて三つ。

  • 薬だけの治療をしている病院
  • 薬とメソセラピーやHARG両方をしている病院
  • 薬やメソセラピーに加え植毛なども行っている病院

自分の薄毛が薬だけでいいのかそれとも植毛を必要とするのかは医師の判断が必要になってくる部分なので、とりあえずこんな専門的なAGA治療ができるということだけ確認すればOK。プロペシアを処方するだけの一般病院のようなところよりもAGA専門病院の方がオススメ。

>AGA治療はAGA専門病院へ

治療費用

治療費用は毎月かかる薬代を基準に選びます。当たり前だけど安い方がいいです。病院によっては半年契約や一年契約など前もって投薬治療の期間を設けるクリニックもあるようですがオススメは毎月毎に支払いができる病院。もし仮に途中で治療をやめたくなったり金銭的にキツいという月があったりした場合に今月は薬を買わないという選択肢を選ぶことができるからです。もちろん途中で勝手に治療を中断したりするのは治療効果的にはよくないので医師に相談が必須です。金銭的に苦しい月をどうするかなど相談にのってくれる医師もいるので聞いてみるのもアリです。

治療実績

治療実績は超重要。これは公式サイトの他ネット上の口コミサイトなどでも見ることができます。薄毛は人それぞれ全く症状が異なり治療効果の出方も人それぞれと言われています。治療実績が豊富ということは多種多様な薄毛を治療し効果を出しているということなので、自分の薄毛に対応した治療を行い効果をもたらしてくれる期待値が高いということになります。


無料カウンセリング

気になる病院が決まったら、無料カウンセリングを予約しましょう。多くのAGA専門病院は無料カウンセリングを行っています。専門のカウンセラーが行う場合もありますし、医師自らがカウンセリングを行ってくれるドクターカウンセリングを行う病院もあります。

カウンセリングでは自分の薄毛の悩み、治療内容、毎月の治療費用などを細かく納得できるまで質問しましょう。納得できる回答がないまま契約や治療開始をすすめてくるような病院は要注意です。あくまで医療機関なので営業要素を感じるようなところは避けた方がいいかもしれません。


医師との相性

信頼できる医師と出会えたらそれが一番です。AGA治療に限らず何でもそうですよね。薄毛治療はメンタルケアも重要ですし長期間に及ぶ治療でもありますから医師とのつながりは重要です。ほとんどのAGA病院は担当医制ではありませんが、希望すれば指名医師の診察も可能だったりします。ただし、その場合医師の勤務状況に合わせる必要があるので希望日時に予約が取れない場合もあります。


病院選びを失敗したと感じたら?

他の病気と同じようにセカンドオピニオンで他のAGA病院を受診してください。実際、AGA病院では他院で治療していた患者さん、もしくは治療中の患者さんがセカンドオピニオンで訪れるケースは非常に多いようです。

注意しなければいけないのが、先にも述べたような半年・年間契約という形で治療契約を結んでいる病院です。ほとんどの場合、途中で解約することはできないので、治療を止めたとしても契約期間分の治療費用は必要になります。契約期間がある病院の場合は契約前に解約時のこと、途中解約についてなどしっかり確認しておくようにしましょう。

  • 公開日:2015年8月17日

口コミ

  • ネットの情報はまじでアテにならん。特に知恵袋!

    2015年8月18日 10:36 AM | かな平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です