お酒はハゲる?アルコールと薄毛の関係

お酒はハゲる?アルコールと薄毛の関係

お酒

お酒はハゲるのか?

食生活や生活習慣の影響が大きいと言われる薄毛ですが、お酒アルコール)はどのような影響を与えるのでしょうか?

お酒と薄毛の関係についてご紹介します。

お酒の飲み過ぎは結果として薄毛を招く!?その理由は?

お酒は適量であれば肉体的な面でも精神的な面でも良い効果を与えてくれると言われていますが、飲み過ぎ、過度の飲酒は健康面にマイナスの影響を与えます。もちろん頭皮環境にも悪い影響を与えてしまいます。

アルコールを摂取すると、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解され、アセトアルデヒドという中間代謝物質が生成されます。アセトアルデヒドは二日酔いや、気持ち悪くなる原因の毒性物質です。

このアセトアルデヒドの発生が毛髪にとってよくないカラダの状態を作り出します。

睡眠の質を下げることによる薄毛化

アセトアルデヒドによって眠りが浅くなります。眠りが浅くなることで自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れていきます。睡眠時にホルモンの影響で毛髪は成長します。ホルモンバランスが乱れることで毛髪の生成に悪い影響を与えることになります。しかも、ホルモンバランスの乱れがAGAの原因でもある男性ホルモンを増加させてしまう可能性もあります。

アセトアルデヒドがジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる

飲酒によって発生するアセトアルデヒドは毛根を攻撃するAGAの直接の原因と言われる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を増加させてしまうと言われています。

アセトアルデヒドを代謝する過程で大量の栄養素を消費

毒性物質「アセトアルデヒド」は最終的に「酢酸」という無害物質に代謝されますが、この過程で毛髪の生成に必要とされるアミノ酸やビタミンを消費すると言われています。毛髪生成に使用する分の栄養素を消費してしまうことで毛髪生成に悪影響を及ぼすというわけです。

血行不良を招く

飲酒は血行がよくなりそうなイメージがありますけど、血行がよくなるのは飲酒した直後のみで酔いがさめる頃には血管が収縮して血行が悪くなります。適量であれば血流促進効果もあるようですけど…。

薄毛はイヤだけどお酒も飲みたい人はどうすればいいか?

適度な飲酒であれば問題ありません。これは薄毛に限らず、健康面でも言われていることです。

  • 栄養バランスの偏った食生活(あぶらっぽい食事)
  • 睡眠不足
  • 飲酒
  • 喫煙
  • ストレス、不安、イライラ
  • 過度なダイエット
  • 運動不足
  • 肥満
  • 不潔

これらは毛髪に悪影響を及ぼすと言われる生活習慣です。

見事に飲酒も入っていますけど、これを見てもわかる通り、ストレスが多い現代社会に生きる我々にとって一つも当てはまる項目がないという人は中々存在しないと思います。要するにすべてを無くことは至難の業。これらの習慣を無くせなければ薄毛になってしまうのかと言えばそうではありません。

ヘアメディカル系列のAGA専門病院「メンズヘルスクリニック東京」の小林院長は過去に雑誌の取材で、髪によくない生活習慣についてこうおっしゃっていました。

「髪に悪い習慣はなるべく無くした方がいいけど、当てはまる項目があるからといって必ず薄毛になるわけではありません。AGAの原因は遺伝や体質、生活要因など様々な要因が複合的に関係しているのでこれが悪いということはない。気にしすぎない方がいい。」

生活習慣を正すためにストレスをためたら意味がありませんので、やり過ぎは禁物ということです。

適度な飲酒を心がけ、その他の食生活や生活習慣でバランスを取るなど生活全般で育毛生活を心がけましょう。

抜け毛予防に効果的な食事

  • 公開日:2015年12月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です