韓国人にハゲが少ないという噂は本当?

韓国人にハゲが少ないという噂は本当?

韓国

韓国

韓国人には薄毛が少ないという噂があるようです。

キムチなどの辛いものをよく食べる食生活が頭皮の血行促進効果をもたらすためという理由もあるようですけど、逆に辛い刺激物は脱毛の原因になるという説もありますし、実際はどうなのでしょうか?

辛いものは適度に摂取することで血行促進効果アップ

辛いものが脱毛の原因になると言われている理由は、辛い刺激物を摂取し過ぎることで頭皮の脂腺や汗腺が刺激され過酸化。酷い場合は脂漏性脱毛症など、頭皮環境の悪化に伴う脱毛症状が出る場合があるというところからきています。頭皮の酸化によって酸化脂質を好むマラセチア真菌などが繁殖する可能性があるからです。

しかし、ここまで酷い皮脂過剰分泌が起きるのはかなりの過剰摂取した場合などで、一般的なバランスの取れた食生活を送る中で皮脂過剰分泌が起きた場合は、辛いものを食べただけというのが原因ではなく、他の要因もありそうです。

適度に辛いものを摂取することは、発汗作用や血行促進効果があり、頭皮の血行も促進されることから育毛の面においても良い効果をもたらす場合があります。

では、やっぱり辛いものを多く摂取する食生活が韓国人の薄毛を少なくさせる要因なのでしょうか?

韓国でも薄毛は普通にいます

韓国にも薄毛の人は普通に存在します。

ではなぜハゲが少ないという噂が出るのでしょうか?

答えは、増毛や植毛などが多く普及しているからです。

さすがは美容大国韓国。

日本よりも植毛や増毛に対して抵抗を持つ人が少ないせいもあり、普及率も高いんでしょうね。

韓国では薄毛=ケチという考え方もあるようで、薄毛を隠すために植毛や増毛といったのアプローチをする方が良いという認識なんでしょうね。日本のように薄毛を放置して生活することが少ないから、薄毛人口が少ないように見え、韓国人は薄毛が少ないということになるようです。

実際の薄毛人口は日本と変わらないのでしょうね。

韓国では見た目が良い方向に変化することは、たとえそれがいきなりの変化であっても好意的に受け止めてくれる文化があるというわけです。

日本の場合は、いきなり植毛や増毛をしたら影口を言われそうで躊躇してしまいそうですけど、そういった周囲の人が薄毛の人に対するポジティブな視線も是非とも見習いたいものです。

  • 公開日:2015年6月8日
  • 最終更新日:2015年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です