毛周期(ヘアサイクル)を繰り返す毛髪の一生

毛周期(ヘアサイクル)を繰り返す毛髪の一生

ヘアサイクル

毛髪の一生

毛髪の一生は「成長期」、「退行期」、「休止期」という3つの期間を繰り返すサイクルとなっています。

このサイクルのことを「毛周期ヘアサイクル)」といいます。

AGA(男性型脱毛症)の人は、この毛周期(ヘアサイクル)が正常な周期を保てなくなくなり薄毛になります。AGAを克服し薄毛を改善させるには、この毛周期(ヘアサイクル)を正常な状態に保つことが大切です。

成長期(4~6年)

毛髪を生成する毛母細胞が活発に活動して新しい毛髪を作り出す時期です。

1日に0.3~0.5mmくらいずつ髪の毛が伸びていきます。成長期が長ければ長いほど毛髪の成長が進むのでより太く長い毛が育ちます。通常、頭髪全体の90%程が成長期と言われていますから、成長期が長く続けば頭髪のほとんどが抜け落ちる心配がありませんから薄毛の心配もなくなるというわけです。

退行期(2~3週間)

成長期が終わると退行期に入ります。

成長期に活発に活動していた毛母細胞が活動をストップするので、髪の毛の成長も止まります。

休止期への移行するための短い期間なので、頭髪全体の約1%程度と言われています。

休止期(3ヶ月)

休止期に入ると成長した毛髪の毛根の奥で毛母細胞が活発な細胞分裂を行い、新しい毛髪を生成し始めます。そして、その新しい毛髪に押し出されるようにして、成長した髪が抜け落ちていくのです。

こうして抜け落ちた毛穴から新しい毛髪が生えてきて再び成長期へと入っていきます。

毛髪全体の約10%程度と言われています。

抜け毛に怯える必要ナシ

日本人の髪の毛は頭部全体で10万本ほどあると言われています。その内10%(1割)が抜け毛となる休止期で1万本です。休止期は大体3ヶ月程度続くということですから、その1万本が休止期の間にすべて抜け落ちると仮定すると、1日平均約100本程度の抜け毛が出る計算となります。

休止期があるのは毛髪の一生の自然な流れ。ようするにある程度の抜け毛はどんな人にでもおこるので日々の抜け毛がそこまで一喜一憂する必要はないのです。

成長期が再びめぐってくるか、成長期がある程度の期間続くかが重要

通常なら4~5年程度続くと言われる成長期がAGAによって短くなったら要注意。十分な成長をしない内に休止期に入るのは、毛髪が抜け落ちるだけでなく、次にその毛根から生えてくる毛髪は細く柔らかい弱々しい毛髪になるからです。この悪循環が続くことでどんどん薄毛化していきます。

また、毛母細胞が分裂するための寿命が尽きてしまっていたら、成長期が巡ってくることはありません。

AGA治療は毛母細胞の寿命が尽きる前に、毛髪のヘアサイクルを正常にするための治療でもあるのです。

  • 公開日:2015年6月10日
  • 最終更新日:2015年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です