AGA病院と育毛サロンの違い

AGA病院と育毛サロンの違い

AGA病院と育毛サロンの違い

どう違うの?

AGA病院と育毛サロンの違いについて説明します。

AGA病院はその名の通り、AGA(男性型脱毛症)の治療を行う病院、医療機関のことで、育毛サロンは医療行為ではない育毛施術を行うことができるサロンのことを指します。育毛と同時にかつらや増毛といった薄毛対策施術を行っているところも存在します。育毛サロンという呼び名が正しいかどうかはわかりませんけど、便宜上育毛サロンと呼称します。

昔は薄毛・ハゲを治療したいと思ったらリーブ21やアデランス、アートネイチャー、バイオテックといった育毛サロンが第一選択肢でした。薄毛を病院で治療するというはここ10年くらいで生まれた認識です。2005年に国内で初めて薄毛治療薬プロペシアが承認されたことで、病院での薄毛治療が爆発的に広まりました。

テレビCMなどの影響で育毛サロンは相変わらず高い認知度をほこっています。しかしながら、ここ数年は若い世代を中心に病院でのAGA治療が浸透し、薄毛治療のファーストチョイスとして病院を選択する人が年々増えています。

施術内容の違い

病院は医療行為が可能です。効果的な薬を使用することができます。育毛サロンはマッサージや医薬品ではない育毛剤等を使用し育毛します。

料金の違い

治療内容・施術内容によって異なりますが、どちらも継続して通う必要があるのでそれなりの費用がかかります。

効果の違い

AGA(男性型脱毛症)の場合、基本的には医療機関での治療以外に薄毛の進行を止めることはできないと言われています。しかし、AGAではない薄毛の場合は頭皮環境の改善や食生活の改善等の要素も大きいので、サロンの育毛施術で改善される可能性があります。

病院での薄毛治療が向いている人はどんな人?

AGAを中心としたどんな薄毛の人にも効果的です。

病院では薄毛の進行をストップする薬や、発毛を促進する薬、メソセラピー(頭皮注射)などあらゆる薄毛治療が可能です。AGA(男性型脱毛症)の人は病院で処方されるフィナステリドという薬以外に薄毛の進行を止める手段はないと言われているので、病院での治療が基本となります。

髪がまったくないような進行した薄毛の場合投薬治療は効果がないと言われていますが、そういった薄毛にも毛のない部分に毛根を移植する植毛治療が可能です。

病院で治療するデメリット

病院で治療するデメリットは、薬による副作用です。AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制するフィナステリドは、性欲減退などの副作用が報告されています。専門病院で治療する場合は、副作用や服用後の状態もしっかりケアしてくれるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

フィナステリドは個人輸入などで個人で入手することも可能ですが、必ず医師指導の下服用するようにしましょう。

育毛サロンでの育毛が向いている人はどんな人?

AGA(男性型脱毛症)の場合は、薬以外で薄毛の進行を食い止めるのは難しいと言われています。しかしながら、薄毛の原因はAGAだけでなく、円形脱毛症や頭皮の異常による脱毛などの可能性もあります。そういった薄毛の場合は育毛サロンでの頭皮ケア施術が効果を発揮する可能性があります。

また、サロンでの頭皮ケアはとても気持ちよく、リラクゼーション効果も高いと言われています。まだ薄毛が進行していないけど、予防ケアのために通うというのであれば頭皮も心もリフレッシュして最高でしょう。

アデランスやアートネイチャーは育毛コース以外のかつらや増毛などのコースがメインです。進行した薄毛で発毛育毛といった改善が難しい人や、時間をかけずに薄毛を何とかしたいという人にはかつらや増毛を選択することができます。

育毛サロンのデメリット

医学的根拠がないので効果の有無を判断しにくいという点があります。リラクゼーション効果が高いので予防ケアとして通うというのはアリですが、それにしてはちょっと料金が高いかもしれません。ただし、現在はリーズナブルなプランも登場しているようなので、まずはお試しプランを体験しましょう。


以上です。

すでに薄毛が進行しているようならまずはAGA病院の無料カウンセリングを受けてみる。

まだ薄毛は進行していないけど、セルフケア以外の何かをしておきたいという方は育毛サロンのお試しコースを受けてみる。

ここ数年で薄毛対策には選択肢が増えています。

自分が最も納得できる対策を選んでくださいね。

AGA治療は無料カウンセリングから

  • 公開日:2015年12月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です