抜け毛予防できる食事

抜け毛予防できる食事

栄養バランスの取れた食生活は非常に大切です。

毛髪にとっても同じ。

薄毛の原因は色々ありますが、もしかしたら食生活を改善するだけで改善する薄毛かもしれませんよ。

毛髪の生成を促す抜け毛予防に効果的と言われる食事をご紹介します。

肉と野菜はバランスよく!

頭皮脂が過剰に分泌されている人などは肉中心の食生活はマイナス。肉が好きな人はバランスよく野菜も食べることを心がけましょう。

たんぱく質

髪の生成に欠かせないたんぱく質は、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質の方が吸収率が高いと言われているので、なるべく大豆などの植物性たんぱく質を摂取するようにしましょう。

メチオニンを意識して摂取しましょう

髪を生成しているケラチンというたんぱく質は18種類のアミノ酸からなっており、中でも必須アミノ酸がメチオニンと言われています。メチオニンを豊富に含む食材は、魚介類(カツオ節、シラスなど)、海藻類、肉類、納豆、豆腐、牛乳、乳製品など。

 

ミネラル亜鉛

髪の生成に必須なミネラル「亜鉛」。

亜鉛は男性ホルモン「テストステロン」をAGAの原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)に変化させると言われる5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する作用があると言われています。髪の生成だけでなくAGAの抑制にもつながる可能性があるミネラルというわけですね。

 

牡蠣、その他貝類、ナッツ類、チーズなどに含まれています。

ビタミンB群

中でもビタミンB2は不足することによって頭皮が荒れたり、フケやカユミの原因になると言われているので健全な頭皮環境を保つには必須です。

大豆製品、卵、乳製品、緑黄色野菜に含まれています。

ビタミンB6も亜鉛の働きをサポートしてくれるので摂取したいビタミンです。

カツオ、サバなどの魚介類、レバー、バナナ、肉、などに含まれます。

ビタミンC

ビタミンCも髪の生成に必要なたんぱく質を合成するのに必要なビタミンです。

緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリーなど)や果物(オレンジ、レモンなど)に含まれています。

食事をめぐる生活習慣の改善も有効

食事スピードはゆっくり!

薄毛や抜け毛に限らず早食いは肥満の元になるなど健康的なマイナス要素が多いので、なるべくゆっくり噛んで食べることを心がけましょう。

寝る前は食べない

就寝直後は毛髪の生成を促す成長ホルモンが分泌されると言われていますが、就寝直前に食事することで消化吸収活動によって眠りが浅くなり、成長ホルモンの分泌を妨げる可能性があります。肥満の原因にもなるので寝る前の食事は控えるようにしましょう。

過度なダイエットは薄毛・抜け毛の原因となります

ダイエットによる食事制限によって毛髪の生成に必要な栄養素が足りなくなるという懸念があります。ミネラル成分なども欠乏する可能性があるので無理なダイエットはなるべく控えるようにしましょう。

  • 公開日:2015年6月11日
  • 最終更新日:2015年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です