薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛になる原因は色々あります。

薄毛の種類のよっても異なりますし、人によっては複数の薄毛が同時に起こることもありますので、これが絶対と言える原因はわからなかったりもします。

薄毛の種類別に主な原因をご紹介します。

AGA(男性型脱毛症)

男性ホルモンが原因と言われ、遺伝要素が強いと言われています。

脂漏性脱毛症・粃糠性脱毛症

頭皮に過剰な皮脂が分泌される皮脂分泌異常やそれに伴うフケなどが原因の脱毛症。

薬剤による脱毛

病気の治療薬を服用したことによる副作用的な脱毛。

栄養障害による脱毛

過度のダイエットや栄養バランスの乱れなどによる脱毛。

牽引性脱毛症

長髪で髪を後ろで束ねることによって長時間髪が引っ張られることによって起こる脱毛。

内分泌疾患を伴う脱毛

甲状腺疾患やホルモン異常などが原因で起こる脱毛

円形脱毛症

ストレスが原因と言われていますが、確実な原因ははっきりしていません。

膠原病性脱毛

自己免疫疾患の膠原病が原因の脱毛。

梅毒性脱毛

梅毒の症状で脱毛する場合があります。

老人性脱毛症

加齢に伴う抜け毛です。

圧迫性脱毛症

帽子、ヘルメット、かつらなどの長期間着用によって頭部が圧迫されておこる脱毛。

怪我などの外傷による脱毛

怪我などの外傷によって毛包が破壊されることによって毛髪の生成ができなくなる脱毛状態。

 

  • 公開日:2015年6月8日
  • 最終更新日:2015年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です