頭の形と薄毛の関係

頭の形と薄毛の関係

頭の形が悪い

頭の形は薄毛に影響する!?

頭の形は薄毛に影響するのでしょうか?

よく言われるのが頭の形が悪いと薄毛になるということですが、これは本当でしょうか?この説の根拠は、

頭部の皮膚は頭蓋骨の成長に合わせて引っ張られるので、頭の形が悪いと頭皮が引っ張られる箇所が増えることになり、結果として皮膚が薄くなり、血流が悪くなるため薄毛となる。

ということらしいです。

実際に米国ハワード大学の解剖学者シャートン・ヤング博士が猿で行った実験によると、頭皮を引っ張った猿には脱毛症状が出たという実験結果もあるようです。

しかしながら、頭の形が悪いと薄毛になるという説は確実な因果関係は証明されていないようなので、そこまで気にすることはないと思われます。

ハゲやすいと言われる頭の形

金柑頭(きんかんあたま)

金柑頭

金柑頭

はげやすい頭の形として有名な「金柑頭」。

金柑のように横長になっている頭の形を指します。

才槌頭(さいづちあたま)

才槌頭

才槌頭

ハンマーヘッド型。前頭部と後頭部がそれぞれ突き出た頭の形を指します。

ビリケン頭

ビリケン頭

ビリケン頭

三角頭でお馴染みビリケン頭。幸福の神「ビリケン」のような頭頂部に向けて尖った三角頭を指します。

絶壁頭と薄毛の関係は?

絶壁頭

絶壁頭

悪い頭の形代表格が絶壁頭。

後頭部が絶壁で髪型がキマらないと悩んでいる人は結構多いはず。

最近では薄毛に悩む女性を中心に絶壁頭を悩んでいる人が増えているそうです。絶壁頭のせいで薄毛になっていると感じている人も多いようですが、上述したように頭の形が薄毛に与える影響はそこまで高くないのであまり気にしなくても問題なさそうです。

薄毛に悩んでいるのであれば、頭の形よりももっと他の原因を探るべき。

  • 公開日:2015年6月8日
  • 最終更新日:2015年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です