女性の薄毛が気になり始める年齢は?

女性の薄毛が気になり始める年齢は?

薄毛が気になる年齢は?

薄毛が気になる年齢は?

男性の薄毛、AGA(男性型脱毛症)の場合、早い人で10代後半から20代前半くらいから薄毛が進行し始め、多くの人が30代から40代という一番男盛りな時に薄毛と戦わなければいけなくなります。50代60代になると、AGAの影響だけでなく、加齢による薄毛などの影響も出てきます。

女性の場合はどうなのでしょう。

女性の場合も、通常であれば加齢とともに薄毛に悩む人が増えていきますが、最近では若い年代から薄毛に悩む女性が増えているようです。

昔に比べて、20代ですでに薄毛に悩む人が増えており、若年性脱毛症と呼ばれています。ここ数十年の生活スタイルの大きな変化によって、髪のヘアサイクルのリズムが大きく乱されているのが原因とも言われています。

薄毛の悩みが一番多い年代は40代です。

30代でちょっと抜け毛が多いかな?程度の悩みが、40代になるとボリュームも減り、スタイリングもなかなか決まらないなど、悩みが深刻化してきます。これは女性ホルモンのエストロゲンの減少が大きく関わっています。

エストロゲンの減少が抜け毛増加のきっかけ!?

エストロゲンは毛髪を育てて成長期を持続させる働きを持つ女性ホルモンの一種です。その分泌は20代後半がピークで、その後は徐々に減少していくと言われています。

女性の場合このエストロゲンの減少が薄毛進行の大きな原因となります。

40代といった更年期に入る年代になると、エストロゲンもかなり減少しており、それに伴い毛髪1本1本の成長の勢いもなくなってきます。一つの毛穴から出る髪の本数が減り、毛髪そのものも痩せ細ってきて、頭髪の薄毛化、髪のボリューム・コシの減少といった薄毛の症状が現れるようになります。このような薄毛の状態は女性型脱毛症やびまん性脱毛症と呼ばれています。

その他、額の両サイドから薄くなっていく「M型」、てっぺんから薄くなる「O型」、その両方の「複合型」といった薄毛タイプも存在しますが、40代に多いのはびまん性脱毛症です。

  • 公開日:2016年3月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です