女性にみられる薄毛のタイプ

女性にみられる薄毛のタイプ

女性の髪型

女性の薄毛が増えている!?

近年薄毛に悩む女性が増えています。

遺伝的な要素の強い男性の薄毛と違って、女性の場合は様々な要因が複雑に重なって薄毛になる場合がほとんどです。

加齢や栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、間違ったヘアケアなど、原因となりうる要素は色々あり、その原因によっても薄毛のタイプが異なります。

女性の薄毛は大きく分けて5タイプ

頭頂部が薄く頭皮が見えるタイプ

「ひこう性脱毛症」と「脂漏(しろう)性脱毛症」に分けられます。ひこう性脱毛症はかさぶた状に乾燥したフケがでるのが特徴で、脂漏性脱毛症は頭皮に皮脂が過剰に分泌されることでおこります。

分け目が薄いタイプ

牽引(けんいん)性脱毛症とも呼ばれ、長時間、髪を引っ張るような髪型をしていたり、紫外線に長く当たっているとなると言われています。

全体的に薄いタイプ

40代以降の女性に多く見られる薄毛で、加齢やそれに伴うホルモンバランスの乱れなどが原因と言われています。

出産後の薄毛タイプ

出産後に一時的に抜け毛が増え、髪が薄くなる症状です。出産に伴うホルモンバランスの乱れが原因とされ、しばらく経つと自然に改善すると言われています。

頭部の一部が丸型または楕円形に薄くなっているタイプ

ストレスやアレルギーなどが原因の薄毛で、突然髪が抜けます。

  • 公開日:2016年3月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です